2011年03月19日

僕に出来る事


この度、東北太平洋大地震におきまして、この災害の影響を受けた皆様へ
心よりお見舞い申し上げます。

個人的に出来る募金や献血はもちろん

農家として日々変わらず作物を作り続け、そして適正価格
でお客さんに届けること

僕のような小さな農家が出来る事はわずかですが・・・




今回の地震で多く農家も被災されていると思います。

僕が参考にブログを拝見させてもらっている農家の皆さんも
多く被災されて居るようです。

中でも気になった記事があったのでリンクをはっておきます

べーべ工房さんのブログ

緊急のお知らせ!

> 青空さんの日記から

生産者に潤沢な生産資材と燃料を、また運送業者と公共交通機関に潤沢な燃料を
病院に自己発電用の燃料と薬品を送り込んでください。
それだけで、我々は自己完結できる。津波被災者の救援や受け入れは十分にできます。

今の場当たり的な対応ではますます救援物資が必要です。また食糧生産者の
活動の停止を呼び供給能力の減退を呼び、救援物資の手配すらできなくなります。
そのことにどうして気付けないのでしょうか。

このままでは先ほどあげた自治体の市民の生命が保てません、もし自宅もしくは
避難所で餓死者がでたとしたらこれは人災以外の何物でもない。
お願いします、もう時間がありません。祈るような気持ちで既に遅すぎるのではとの
思いもありますが、物流を復旧するため東北全県に燃料を供給してください。

もしそれがかなわないのであれば、避難民はじめ自宅待機の弱者を関東以西に
避難させてください。飢え死にしてしまいます。彼らはガソリンがなく
徒歩以外での移動手段がないのです。自衛隊の輸送トラックの荷台でもいい。
輸送物資の搬入トラックの荷台でも、東京へ帰投するヘリでもいい。
少しでも多くの人を搬送し飢え死にを防いで下さい。私も乳児のいる父親です。
食糧不足は乳児への母乳減少により即衰弱につながります。このままでは
1~2歳の無垢な命が母親の手の中で息絶えてしまいます。
せめて彼女たちだけでも避難させてください。

マスコミはなぜ、なぜこのことをもっと訴えないのか、見せるのは相変わらず
避難所や原発情報、原発避難地域のことばかり。あおるだけあおり、関東での
買い占めを発生させ、原子力被曝を過大に報道することでいくつかの町や市が
物流が止まり市民が死に直面しています。少しは役に立ってほしいものです。
  


Posted by ケイゾー at 22:31Comments(2)出来事